肩甲帯とは?肩こり、腰痛、首こりに関わる重要箇所

2020/04/06 ブログ
logo

こんにちは

相模原市緑区橋本の整体

整体サロンRe•Setの畑井です。

 

 

今回は肩こり、腰痛、首こり、頭痛に大きく関わる肩甲帯について解説していきます。

 

肩甲帯とは、、、、

 

肩甲骨と鎖骨の2つの骨の総称です。

 

 

よく肩コリや腰痛などの不調には

肩甲骨が重要であると巷で言われていますが

 

肩甲骨単体で動くことはありません。

どの動きをするにも

必ず鎖骨が関わってきます。

 

 

 

関節

その肩甲帯に関節があり(今回は腕は除外しています)

主に

・胸鎖関節

・肩鎖関節

・肩甲胸郭関節

 

があります。

 

これらの関節が

姿勢の悪化により

スムーズに動かなくなってしまうと

肩甲帯の動きが制限されてしまい

周りの腕、肋骨(あばら)、首などに不調が現れやすくなります。

 

そのため不調を出さないためには

これらの関節の動きが重要になります

肩甲骨

肩甲帯の動きには

主に6つ動きがあります。

 

・外転

・内転

・挙上

・下制

・上方回旋

・下方回旋

です。

 

挙上は肩をスクめる動き

下制は肩をスクめた状態から下げる動き

外転は腕を遠くに伸ばすような動き

内転は肩甲骨同士が背中で寄る動き

上方回旋は上の物を取ろうとする動きやバンザイをする動き

下方回旋はあげた状態から戻す動き

 

これらの動きがスムーズにできなくなっていると

肩が凝りやすかったり

五十肩、四十肩(肩関節周囲炎)になりやすかったりします。

 

今回はここまで!!

 

次回はこの肩甲帯に関わる筋肉の解説をしていきます